柳原歯科医院

-床矯正-

歯を抜かずいい顔作ろう床矯正

歯を並べてしっかり噛めるように

柳原歯科の矯正治療は歯を抜かない床矯正

柳原歯科での矯正治療の基本は鈴木先生主幹の床矯正研究会会員として、非抜歯(歯を抜かない)で行う床矯正治療をしております。医院コンセプトに基づき、親からいただいた大切な歯を、1本も抜くことなく、アゴを拡げ正常な大きさにすることによって、その歯をキレイに並べる床矯正を行っています。

床矯正って何

床矯正

基本的に発育途中にある子供の「あごの骨」を正常に発育させ、歯を抜かずに「自然に」美しい歯列にしてしまう矯正治療です。
当然、費用も通常の矯正よりもはるかに安いのですが、メリットはそれだけではなく、通常の歯列矯正では「抜かなければならないはずの歯」を抜かずに矯正できる、ということがあります。
すなわち、余分な歯を抜いたり、ワイヤーなどを使って、歯を無理やり整列させるのではなくあごの発育を促進させることで、自然に歯ならびを整えることができるのです。

床矯正の特徴

特徴

  • 学校では装置をはずしておくことができます。
  • 食事の時間や歯ブラシをする時は装置をはずします。
  • 虫歯や歯肉炎になりにくいです。
  • 歯並び育成を必要とする子供たちは、顔をつくっている上顎骨、下顎骨が縮んでいます。つまり、見た目の歯並びの問題のみならず、顔の萎縮に大きく 関与しています。「よい歯並び」は「素敵な顔」につながる問題です。素敵な格好のいい顔の子供たちを育成する事が、歯科医師の仕事と考えて治療に当たっています。
  • 歯と発育不十分発育な顎のアンバランスの問題を、床矯正装置で適切に拡大し解決します。しかし、歯がねじれていたり、回転している場合は多数の歯をそれぞれの方向に三次元的に移動する、形状記憶合金のワイヤーによる治療が必要な場合があります。

メリット

  • 抜歯をしなくてすむ
  • 自分で取り外しが出来るために歯磨きが容易に出来むし歯になりにくい
  • 痛みがない
  • 早期治療であれば費用が安く簡単に終了してしまう

デメリット

  • 本人のやる気がなければうまくいかない
  • 取り外しがあり、装置を破損することがある
  • 大人の歯が並んでしまうと治療の時間が長くかかってしまう

床矯正オフィシャルサイトはこちら


PMTC


床矯正


ホワイトニング