柳原歯科医院

-PMTC-

自分の歯が今よりも悪くなることなく
生涯に亘り使い続けられること!

PMTC

子供をムシ歯にさせたくないのです!
今の美しさを、ずっと保ちたい!
生涯、自分の歯で食事をしたい!

どなたもがご希望されるごく当たり前のことを実現できるように、柳原歯科では全ての患者さんに予防ケアであるPMTC(専門的なクリーニング)をお勧めしております。

PMTCって何?

PMTC1971年にスウェーデンのアクセルソン博士が、「専門家による機械的歯面清掃とし、特別なトレーニングを受けた歯科医師や歯科衛生士が、歯肉縁上ならびに歯肉縁下1~3mmのプラークをすべての歯面から、機械的な器具とフッ素含有研磨用ペーストを使って選択的に除去することである」と定義しました。
現在、スウェーデンや欧米で行われている、虫歯や歯周病の予防管理を目的としてシステム化されている方法です。

日本の現状は?

日本の現状は?実は、日本人の多くの方々は「一生自分の歯で食事すること、会話を楽しむこと、いい笑顔ですごすこと」を望んでいるにもかかわらず、「多くのお年寄りが入れ歯になっているので、年を取ると歯がなくなるのは当たり前」と思われています。現在、80歳の平均残存歯数はたったの平均6.8本〈厚労省調べ〉しかありません。一方予防先進国のスウェーデンであれば75歳で平均19.5本、アメリカであれば85歳で平均15.8本の平均残存歯数となっています〈サンスター調べ〉。
なぜ、このような違いがあるのでしょうか?
通常治療が終了した患者さんは「もうこれからは歯科医院に通わなくていい。また悪くなったら診てもらおう」と、考えられるでしょう。しかしこのような歯科医院のかかり方では、お口の健康は長期にわたって維持できません。なぜなら、治療前と同じお口の環境に戻ってしまうからです。根本は、「痛くなったから診てもらう、削ってつめたら終わり」などその場しのぎの治療が中心で、他の国々の「どのようにしたら歯が悪くならないように予防できるか」と、考えてこなかったからです。

悪くなってから歯科医院で治療

悪くなってから歯科医院で治療歯科治療の2/3が再治療〈やり直し治療〉というデータがあります。これは、治療した歯が再度、病気に罹患していることを意味します。治療した歯が長持ちしないのは、必ずしもズサンな治療だけが原因ではありません。インプラントや審美治療のような精度の高い治療は、見た目が美しく快適ですが、元の状態には回復していないのです。歯の硬い組織歯は一度削ると元には回復せず、虫歯にかかりやすくなります。その上、神経を失うともろくなり根の先に病変ができやすくなります。さらに、人工の歯(クラウン)をかぶせれば、どんなに上手にかぶせても歯周病にかかりやすくなるのです。また、歯を抜いてブリッジにしたり、入れ歯を維持するために金具をひっかけている歯にも、同じく無理がかかり虫歯にも歯周病にもかかりやすくなります。こうして「一度、悪くなった歯はより悪く」雪だるま式に坂道を転げ落ちるようにして、歯を失っていきます。

"天然歯に勝るものはないのです"。そしてそれらの治療が歯の長持ちに比例するわけではありません。
注意していただきたいのは、どのようなものを治療したかということよりも、悪くなってから治療を受けることが、歯を失うリスクを抱えているということです。すなわち、治療後にまた同じ生活習慣を続けていれば、健康に回復した歯がまた悪化してしまう可能性があるということです。歯を長持ちさせるには、歯科医師による処置の精度を高めることはもちろんですが、処置後のさらなる歯に対する予防ケアが最重要です。

PMTCオフィシャルサイトはこちら


PMTC


床矯正


ホワイトニング